公益財団法人加古川総合保健センター

財団概要

  1. 公益財団法人加古川総合保健センター
  2. 財団概要

保健センター概要

所在地
〒675-0065 
兵庫県加古川市加古川町篠原町103番地3号
代表 Tel 079-421-8181 
Fax 079-429-6300
健診推進課
079-429-2560
健診支援課
079-451-8022
検査課
079-429-2200
健康増進課
079-429-2056
情報管理課
079-429-2100
設立 加古川医師会(旧:加古川市加古郡医師会)と加古川市・稲美町・播磨町の一市二町により
昭和55年10月1日に設立。
基本財産 50,000,000円
設立目的 「地域の健康を支える」という経営理念のもと、保健・医療情報の提供、地域保健及び福祉に関する各種の事業等を実施し、もって地域住民の健康の保持及び増進に寄与することを目的とする。
事業内容
  • 地域保健医療情報に関する事業
  • 健康診断等に関する事業
  • 臨床衛生等の検査に関する事業
  • 介護保険に関する事業
  • その他この法人の目的を達成するために必要な事業
施設規模 延床面積 11,502.28㎡
(本体棟 8,260.27㎡、
立体駐車場棟 3,242.01㎡)
建物構造:鉄筋コンクリート5階

理事長挨拶

河合勝先生

 この度、河合勝先生の後任として加古川総合保健センター理事長に就任致しました。当センターは加古川駅北に本拠を置き「地域の健康を支える」を経営理念として様々な事業を展開しており、本格的な少子超高齢化・人口減少多死の時代を迎えて今後当センターの重要性は増していくものと思われます。

 ご周知のように、日本人の死因の約6割はがんや心臓病、脳卒中などの生活習慣病であり、国は生活習慣病の予防と早期発見の大切さを啓発し、特定健診やがん検診を受けるよう勧奨し続けてきました。

 本来なら該当する方全員が特定健診・がん検診を受け、自分の健康状態を把握して疾病予防に努め、例え糖尿病や心臓病になっても”一病息災”とかかりつけ医を持っていつまでも健やかな生活を送り、健康寿命を伸ばすように努めていただきたいところです。しかし現実には、特定健診・がん検診を受けない方や要医療と指摘されても放置する方が多数おられます。健康保持でも”知っている”と”実行する”とは大違いであり、施策や情報発信のあり方も考えさせられます。

 最後に微力ではありますが、理事長として職員と共に使命感を持って地域の皆様方に寄り添って歩んでまいります。引き続き加古川医師会・加古川市・稲美町・播磨町及び皆様方のご支援ご指導を賜りつつ、当センター事業の充実発展に努める所存ですので、なにとぞ宜しくお願い申し上げまして就任のご挨拶とさせていただきます。

  • 2018年6月
  • 理事長 枝川 潤一

経営理念

「地域の健康を支える」

経営方針

健康づくり支援
私たちは「自分の健康は自分で守る」という個人の積極的な健康づくり、病気の早期発見、早期対処をサポートします。
地域づくり支援
私たちは、社会や時代のニーズに対応して、健康で安心して暮らすことができる地域づくりをサポートします。
たゆまぬ努力
私たちは、医師会や行政等と連携し、使命感を持って技術・知識・倫理観を磨き、的確にサポートできるように、たゆまぬ努力を続けます。

沿革

昭和55年
10月
設立準備委員会設置
財団法人の認可
昭和55年
11月
兵庫県で初めて2時間人間ドック開始
昭和56年
7月
医師会員の臨床検査を開始
昭和57年
4月
政府管掌成人病予防健診の開始
昭和58年
4月
保健センター会館建設準備委員会設置
昭和58年
6月
老人保健法に基づく住民健診の開始
昭和61年
7月
保健センター竣工(加古川市平岡町新在家字鶴池ノ内1224番地の12)
昭和61年
10月
1日人間ドックの開始
昭和62年
4月
乳がん検診の開始
昭和62年
11月
中央労働災害防止協会の名簿の登載
昭和63年
4月
子宮体部がん検診の開始
平成 元年
10月
労衛法改正による検診内容拡大
平成3年
3月
加古川総合保健センター設立10周年
平成3年
9月
がん対策の推進貢献団体として兵庫県知事より表彰
平成4年
10月
加古川市長・稲美町長・播磨町長より表彰
平成5年
10月
保健水準の向上貢献団体として厚生大臣より表彰
平成6年
4月
加古川地域保健医療情報センター設立
平成6年
10月
加古川地域保健医療情報システムの本格稼働
情報化推進貢献団体として通産大臣から表彰
平成8年
4月
骨粗しょう症検診(超音波法)の開始
平成9年
4月
新電算システムの運用開始
平成11年
6月
介護保険開始に向け寄附行為の目的及び事業内容の変更
平成11年
12月
兵庫県より居宅介護支援事業者、居宅サービス事業者の指定を受ける
平成12年
4月
訪問入浴介護事業、居宅介護支援事業開始
平成13年
8月
加古川総合保健センター設立20周年
平成14年
4月
肝炎ウイルス検査開始
平成14年
7月
労災保険二次健診給付機関の指定を受ける
平成15年
1月
政管二次健診廃止に伴う保険診療の開始
平成17年
4月
乳がん検診(マンモグラフィー検査)開始
平成20年
4月
特定健診・特定保健指導の開始
平成20年
6月
労働衛生サービス機能評価機構の認定取得
平成20年
10月
ISO15189認定取得
平成21年
1月
財団法人JKAより補助を受け胸部胃部X線健診車更新
平成21年
4月
検査データWEB配信システムの導入
平成21年
11月
ISO15189認定範囲拡大(微生物検査部門)
平成22年
5月
人間ドック健診施設機能評価の認定を取得する
平成22年
10月
加古川総合保健センター設立30周年(健康フェア開催)
平成23年
2月
かこがわ健康BOX運用開始
平成24年
4月
公益財団法人に移行
平成27年
1月
ウェルネージかこがわ竣工(兵庫県加古川市加古川町篠原町103番地3号)

情報公開

定款 定款(PDF, 276KB)
役員名簿 役員名簿(PDF, 78KB)
事業報告書 令和5年度(PDF, 392KB) 令和4年度(PDF, 633KB) 令和3年度(PDF, 593KB) 令和2年度(PDF, 662KB) 令和元年度(PDF, 793KB) 平成30年度(PDF, 581KB) 平成29年度(PDF, 344KB)
決算書 令和5年度(PDF, 409KB) 令和4年度(PDF, 428KB) 令和3年度(PDF, 416KB) 令和2年度(PDF, 422KB) 令和元年度(PDF, 374KB) 平成30年度(PDF, 301KB) 平成29年度(PDF, 632KB)

職員倫理行動規範

  1. 私達は、常に法令を遵守し行動します。
  2. 私達は、職務の遂行にあたっては、地域の医療・保健・介護等に貢献するため、全力を挙げてこれに取り組みます。
  3. 私達は、常に創意工夫し、職務を遂行します。
  4. 私達は、勤務時間内は勿論のこと勤務時間外においても、常に保健センターの職員であることを自覚し、行動します。
  5. 私達は、業務を通じて知り得た個人情報について、保健センター個人情報保護方針に則り、利用目的を十分に理解し、正当な事由なく第三者に漏らしません。
  6. 私達は、研究や開発を通じて互いに創造性を高め合い、品質の向上に努めます。
  7. 私達は、職場の連携を図り、協同して職務を遂行します。
  8. 私達は、明るく清潔な職場環境づくりに努めます。
  9. 私達は、報酬を受けて、講演、討論、講習、研修等で指導をしようとする場合は、事前に理事長に届け出て承認を受けます。
  10. 達は、利害関係者から、金品等を受け取り、また、無償で役務の提供を受けません。

初版作成 平成19年11月1日


加古川地域の健診事業統計

保健センターでは、生まれてから老いるまで、ひとりひとりの一貫した健康管理を支援するため、特定健診、学校健診、事業所健診など様々な健康診断をおこなっておりますが、その受診者数推移等についてお知らせいたします。

ページtop